仮想通貨の納税額の確定をするために、各取引所の取引履歴が必要となります。

この記事では、仮想通貨取引所Bitstamp(ビットスタンプ)で、確定申告時に必要になる取引履歴をダウンロードする方法をまとめました。

 

海外取引所の取引履歴データについて

取引履歴データは、税金の損益計算や確定申告に使用します。

国内取引所については、年間取引報告書という、税金計算を簡単にするための簡易的な報告書が存在しますが、海外取引所ではこの報告書をダウンロードすることはできません。

仮想通貨の海外取引所を利用したユーザーは、それぞれの取引所から取引履歴データを取得し、そのデータを元にして、「移動平均法」もしくは「総平均法」で損益計算をすることになります。

詳しくは以下の国税庁Webページを参照ください。

参考:国税庁|「仮想通貨関係FAQ」の公表について

 

Bitstamp(ビットスタンプ)で取引履歴をダウンロードする方法

Bitstamp(ビットスタンプ)で取引履歴を取得する方法を紹介します。

Bitstamp(ビットスタンプ)公式サイトにログインすると、以下のような画面になるので、上部メニューから「ACCOUNT」をクリックします。

 

アカウントページが表示されるので、左側のメニューから「History」をクリックします。

 

「History」→「Transactions」と選択します。

 

取引履歴ページが表示されます。右上の「Export」をクリックします。

 

「Export All」をクリックすると、取引履歴、入出金履歴などの全ての履歴データをダウンロードできます。

 

ダウンロードファイルはCSVになっており、エクセルなどでファイルを開くと以下のような形式になっていることを確認できます。

 

Bitstampで取得したダウンロードデータは取引履歴も入出金履歴も含まれるため、これ以外のファイルをダウンロードする必要はありません。

 

仮想通貨の利益計算が終わったら

仮想通貨の利益計算が終わったら、計算結果を経費などと合わせて確定申告書に記入し、確定申告を行うこととなります。

確定申告でお悩みがある場合や、税金対策・節税を検討している場合は、問い合わせフォームからお気軽に相談ください。

 

 

おすすめの記事