仮想通貨の納税額の確定をするために、各取引所の取引履歴が必要となります。

この記事では、仮想通貨ウォレットアプリGinco(ギンコ)で、確定申告時に必要になる取引履歴をダウンロードする方法をまとめました。

 

Ginco(ギンコ)について

Ginco(ギンコ)は、株式会社Gincoが運営する日本のウォレットアプリです。

見やすいインターフェース、クライアント型でハッキングに強いなどの特徴があり、BTC、BCH、ETH、LTC、XRPなどの仮想通貨に対応しています。

取引所としての機能はないため、あくまで仮想通貨を保管するウォレットとなります。

 

Ginco(ギンコ)で取引履歴をダウンロードする方法

Ginco(ギンコ)で取引履歴を取得する方法を紹介します。

アプリを起動すると、以下のようなホーム画面が表示されます。ページ中段付近にある「すべて見る」をタップします。

 

取引履歴が表示されるので、右上のエクスポート用のアイコンをタップします。

 

エクスポートするファイルの形式を選択することができます。目的に応じて形式を選択してください。

※弊社ご依頼の方は「Cryptact形式」でお送りください。

 

エクスポートしたファイルの保存先を選択します。

 

エクスポートしたファイルは、CSV形式です。エクセルなどで開くと、以下のような形式になっていることが確認できます。

 

 

仮想通貨の利益計算が終わったら

仮想通貨の利益計算が終わったら、計算結果を経費などと合わせて確定申告書に記入し、確定申告を行うこととなります。

確定申告でお悩みがある場合や、税金対策・節税を検討している場合は、問い合わせフォームからお気軽に相談ください。

 

 

おすすめの記事