MXC(エムエックスシー)で取引履歴をダウンロードする方法 – コインタックス|仮想通貨の確定申告・節税をスマートに

MXC(エムエックスシー)で取引履歴をダウンロードする方法

takuyatanabe

仮想通貨の納税額の確定をするために、各取引所の取引履歴が必要となります。

この記事では、仮想通貨取引所MXCで、確定申告時に必要になる取引履歴をダウンロードする方法をまとめました。

 

海外取引所の取引履歴データについて

取引履歴データは、税金の損益計算や確定申告に使用します。

国内取引所については、年間取引報告書という、税金計算を簡単にするための簡易的な報告書が存在しますが、海外取引所ではこの報告書をダウンロードすることはできません。

仮想通貨の海外取引所を利用したユーザーは、それぞれの取引所から取引履歴データを取得し、そのデータを元にして、「移動平均法」もしくは「総平均法」で損益計算をすることになります。

詳しくは以下の国税庁Webページを参照ください。

参考:国税庁|「仮想通貨関係FAQ」の公表について

 

MXC(エムエックスシー)で取引履歴をダウンロードする方法

MXCで取引履歴を取得する方法を紹介します。MXCでは取引履歴のダウンロード機能がなく、表示も一定期間しか表示されません。MXCに問い合わせをして履歴を送付してもらう必要があります。

MXC公式サイトにログインすると、以下のような画面になるので、右下の「Help」をクリックします。

 

チャットのポップアップが開きますので、右下の「Live chat」をクリックします。

 

取引履歴を取得したい旨を伝えると、「履歴を取得したい通貨、期間、メールアドレス」を尋ねられますので、回答をしてください。

 

数日のうちに、取引履歴がメールアドレス宛に届きます。

 

MXC(エムエックスシー)で入出金履歴を取得する方法

続いて、入出金履歴を取得する方法です。

右上メニューの「Assets」をクリックします。

 

メニューから「Fund History」を選択します。

 

まず入金履歴を取得する手順を解説します。

①「Deposit Record」タブを選択し、②期間を指定し、③「Query」をクリックすると、履歴が表示されます。

表示された履歴をエクセルなどにコピー&ペーストしてください。ただし、一回に表示できる期間は60日間までとなっていますので、必要に応じて上記の作業を繰り返して履歴を取得してください。

続いて出金履歴です。

①「Withdraw History」タブを選択し、②期間を指定し、③「Query」をクリックすると、履歴が表示されます。

表示された履歴をエクセルなどにコピー&ペーストしてください。ただし、一回に表示できる期間は60日間までとなっていますので、必要に応じて上記の作業を繰り返して履歴を取得してください。

 

MXC(エムエックスシー)でその他の履歴を取得する方法

MXCでは、エアドロップなどの履歴も取得することができますので、こちらも取得していきます。

まず、入出金履歴を取得したFund Historyページを開いておきます。

①「Other record」タブを選択し、②「Airdrop、Rebase、Others」を全て選択し、③期間を指定し、④「Query」をクリックすると、履歴が表示されます。

表示された履歴をエクセルなどにコピー&ペーストしてください。ただし、一回に表示できる期間は60日間までとなっていますので、必要に応じて上記の作業を繰り返して履歴を取得してください。

 

仮想通貨の利益計算が終わったら

仮想通貨の利益計算が終わったら、計算結果を経費などと合わせて確定申告書に記入し、確定申告を行うこととなります。

確定申告でお悩みがある場合や、税金対策・節税を検討している場合は、問い合わせフォームからお気軽に相談ください。

料金・サービスについてのご質問など
お気軽にお問合せください。

まずは無料でご相談